プジョーRCZスポーツTHP200

公開 : 2013.03.27 18:26  更新 : 2017.05.29 19:01

■どんなクルマ?

プジョーRCZ GTクーペは、その車両価格よりもずっと高級に見えるクルマだ。2、3日ドライブをすれば、そのパフォーマンスやハンドリングが取り扱いやすくことがわかるはずだ。RCZの大きな長所のひとつは、本当にその楽しさをイージーに享受できるということなのだ。

しかし、ひとつだけ注意しなければならないことがある。それは衆人の目だ。そのスタイル故に、じっと見つめられることが多いのである。それに慣れるには、ドライビングに慣れるよりも時間を要するかもしれない。

■どんな感じ?

RCZは2010年にデビューして以来、英国とフランスではヒット作となった。旧モデルの”カエル口”を一新したことで、更にRCZは美しいクルマになったと言えよう。

われわれがテストしたのは、最上級のパフォーマンスを備えた197bhpを発揮する1.6ℓターボ・ユニットを持つTHP200GTだった。メカニカルな面はほとんど変わっていないが、そのドライビング・フィールはいまなお素晴らしいものがある。試乗したモデルには、ショート・ストロークのギア・レバーと小さなステアリング・ホイールを持つスポーツ・パックが付けられていた。

2000rpm以下から気前の良いトルクを発揮するパワー・ユニットは、1400kgに満たないボディには充分だ。確かに、新しい208や308はもっと軽いボディを持つ。しかし、0-96km/h加速7.6秒、最高速235km/hというパフォーマンスに不足を感じることはない。

エンジンは滑らかで優雅で、街中では有用な広いトルク・バンドがあり、トップでは力強い感じがする。ハンドリングもしっかりとしたもので、フロント・ドライブの典型的なフェール・セーフなハンドリングだ。気をつけなければならないのは、その幅が大きいため、剥き出しのアロイ・ホイールを縁石にぶつけないようにすることぐらいだろう。

問題があるとすれば、DABラジオが装備されていないことだ。特に英国ではそれは受け入れられないものだろう。

これは問題ではないが、リア・シートは完全に子供用だ。リア・シートでは屋根の低さも気になる。しかし、ドライバーのためのポジションはファースト・クラスを約束してくれる。また、リア・シートを畳んでしまえば、逆に大きなブート・スペースが現れるのだ。

■「買い」か?

エレガントなフロント・ビューが、それまでのエレガントなシェープに組み合わさったRCZは本当に美しい。しかも、そのパフォーマンスはバリュー・フォア・マネーだ。より高価なアウディTTにも対抗できうる存在だ。

プジョーではこのRCZをスペシャルな1台と呼んでいるが、それは実に正しい呼び方だ。

(スティーブ・クロプリー)

プジョーRCZスポーツTHP200

価格 23,980ポンド(344万円)
最高速度 235km/h
0-100km/h加速 7.6秒
燃費 14.9km/ℓ
CO2排出量 155g/km
乾燥重量 1394kg
エンジン 直列4気筒1598ccターボ
最高出力 197bhp/5800rpm
最大トルク 28.1kg-m/1800rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事