公道対決 日産GT-R vs フォード・フォーカスRS 後編 回顧録

公開 : 2018.08.15 18:40

バランスのとれたフォーカス

それだけでなく、ある批判的な視点で判断するなら、こちらのほうがGT-Rより完全に優れているともいえる。公道でクルマを走らせて楽しむには、フォーカスのようにドライバーが自信を持って走れるだけの性能を備えていれば、それだけで十分なのだ。クルマにできる最善のこととは、ステアリングを握る者に一体感を与え、そして走りへの情熱を満足させつつ失敗を見逃してくれるという寛容さではなかろうか。

そしてフォーカスは、素晴らしく切れのいい明晰なステアリングと優れたシャシーのフィール、それに別世界のようなバランスのよさを備えている。それに比べるとGT-Rは、ちょっと切れの悪いリモコン操作のような感触がある。

3速で走り抜ける中速コーナーで誤ってわずかに速い進入速度をとってしまい、いきなりリフトとターンインが発生しても、リアサスが平然とクルマの姿勢を修正して見事にニュートラルに戻してくれるとしよう。ここがもしサーキットだったら、そのままスロットルペダルを踏み続けてどこまでドリフトが持続できるか見極めたくなるところだ。

しかし、このような公道では、スロットルペダルを踏むのはノーズが無事にアペックスを通過してから、クワイフのデフと素晴らしくクレバーなフロントサスが脱出時のトラクションを確保してくれるのを確認するためでしかない。加えて、どちらも同じようなハイチューンエンジンながら、ラグが少なくスロットル操作への反応に優れるのはフォーカスのほうのそれだった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事