公道対決 日産GT-R vs フォード・フォーカスRS 後編 回顧録

公開 : 2018.08.15 18:40

ハッチバックの完全勝利

これほどまでに運転して心の底から楽しめるなら、グリップやパワーに劣るという弱点などまったくどうでも良くなってしまう。わたしにとっては、速さは運転を楽しむための手段である。決してそれ自体が目標ではない。要するに、そういうことだ。

誤解のないよう補足しておくが、ここが北ヨークシャーではなくニュルブルクリンクだったなら、パドックに放置されるのはフォーカスのほうだっただろう。今回のテストでフォーカスがいかに素晴らしい成績を達成しようとも、GT-Rの信じがたい業績の価値を下げることには決してならない。

しかし、単純な真実として、この現実の世界ではフォーカスのほうが性能を発揮する機会がはるかに多い(これは簡単に予測できるだろう)だけではなく、乗っていてはるかに楽しくもあったというだけのことなのである。

何年か前、廉価なハッチバックがスーパーカーを相手に引き分けに持ち込むという名誉を記録したことがあった。今日はハッチバックの完全な勝利であると、包み隠さず断言できる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事