試乗 フォード・マスタング 2.3ℓ4気筒、ハンドリングが魅力

公開 : 2018.08.14 10:20  更新 : 2018.08.14 10:23

どんな感じ?

内装の質感は相変わらず

モデルライフの中盤で受けた化粧直しは、控えめながらも効果的だ。外観はよりシャープな感じを与えられるとともに、ボンネットは低められ、フロントのリフトも抑えられて高速安定性が向上した。

いちばん分かりやすいのが、デザインの変わった前後バンパーとボンネット左右にあいたエアダクトだろう。これなら、ショールームでは映えてももう少し洗練がのぞまれた従来モデルよりも、よりヨーロッパの風景にとけ込みそうだ。

ただ、より洗練をという努力は、内装のほうでは実を結んだとはいいがたい。いまやドア内張りやセンターコンソールにもソフトパッドが貼られ、そこかしこに上質そうな素材もあしらわれるのだが、ちゃちな仕上げのスイッチ類やテカテカしたプラスティックの内装材を見ても、お里がはっきり知れてしまう。

感覚にうったえる質感では、まだアウディTTやポルシェ718に及ばないといわざるを得ない。また、インフォテインメントの操作系がダッシュボードにあるのもいいのだが、画面そのものはアウディやフォルクスワーゲンそしてメルセデスのような最新のものにくらべるとはっきりと見劣りする。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事