メルセデス・ベンツ エレクトリック・シルバーアロー スケッチ動画

公開 : 2018.08.15 07:40

デザインのデジタル化

スタイリングに関しては、このコンセプトは空気抵抗を考えられた非常に長くなだらかなボンネットや、張り出したホイールアーチ、それにホイールベース内後方に配置されたキャビンが特徴だ。しかし、以前の彫刻では、後部中央に設けられたフィンなど、メルセデスのF1マシンに見られる特徴もあった。

新しいコンセプトカーの造形や、先の彫刻のリア部分の未来的処理などは、昨今のデジタル化のトレンドに沿ったものだという。

「デジタル変革は、特にわれわれデザイナーにとって大きな挑戦です。われわれは先進技術をエモーショナルに表現しようとしているのです」と彼はいう。

この傾向はインテリアにも見られ、先日発表されたAクラスに搭載されるMBUXユーザーインターフェイスの機能も取り入れられるとのうわさだ。

AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『メルセデス・ベンツ エレクトリック・シルバーアロー』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみください。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事