メルセデスEQシルバーアロー 748psの単座ワンオフEV ペブルビーチ

公開 : 2018.08.25 17:40

メルセデスが、「メルセデスEQシルバーアロー」を発表しました。シングルシーターのワンオフEVで、最高出力は748psに達します。板張りのフロアにレザーシートという車内なのに、実に未来的。

W125レコードワゴンの再来

メルセデス・ベンツが、748psを発揮するシングルシーターEV、シルバーアローを発表した。

1930年代に最高速レコードを達成した「W125レコードワゴン」(5.6ℓ V12、735ps、432.7km/h)にインスパイヤされたコンセプト・モデルである。

全長5300mmの新コンセプトは、2019年にEQ Cとともに展開がはじまるエレクトリック・ラインナップの方向性を示すものでもある。

プラットフォームは、メルセデスのEV用アーキテクチャーであるMEAを採用。フラットなフロアにはバッテリーモジュールが敷き詰められている。W125を想起させる銀色のボディは、カーボンファイバー製だ。

 

関連テーマ