大画面ナビNo.1のパナソニック 新型CN-F1XVD、逆走検知/TSPS/ゾーン30に対応

2018.08.27

選べる8モデル パナソニックの新型ナビ

ストラーダは今年で15周年。新製品は、ご紹介したCN-F1XVD(9V型、ブルーレイ対応)、CN-F1DVD(9V型、DVD対応)のほかにも、2DIN 7V型ビルトイン式のブルーレイ/DVD対応モデルが登場している。

合計8モデルの価格はすべてオープン価格。想定価格は下記の通り。いずれも10月の発売だ。

9V型DYNABIGスイングのF1XV:18万円前後

CN-F1XVD(ブルーレイ対応、ハイレゾ、画面スイング)

9V型DYNABIGのF1DV:13万円前後

CN-F1DVD(DVD対応)

ブルーレイ対応のRXシリーズ:12万円前後

CN-RX05WD(7V型ワイド、ブルーレイ対応、ハイレゾ)
CN-RX05D(7V型、ブルーレイ対応、ハイレゾ)

DVD対応のRAシリーズ:9万円前後

CN-RA05WD(販売ルート限定、7V型ワイド、DVD対応)
CN-RA05D(販売ルート限定、7V型、DVD対応)

DVD対応のREシリーズ:8万円前後

CN-RE05WD(7V型ワイド、DVD対応)
CN-RE05D(7V型、DVD対応)

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

パナソニックの人気画像

×