BMW M8グランクーペ その姿は? 新型4ドア、意匠登録の画像がリーク

公開 : 2018.08.27 18:40

BMW新型8シリーズの情報です。4ドアとなるM8グランクーペのスタイリングが明らかになりました。4ドア化により、ルーフラインがクーペとは異なります。画像3枚でご紹介します。

パテント画像 3枚がリーク

新型BMW 8シリーズの4ドア仕様、グランクーペの姿が明らかになった。M8グランクーペのパテントイメージが、オンライン上にリークされたのだ。

ニュルブルクリンクで限界走行テストを行うM850iが、映像で捉えられたばかりだが、今回は情報サイトに意匠登録申請に使う画像が掲載された。

BMWのフラッグシップ・クーペの4ドア仕様は、後席部分のルーフをクーペよりも高くし、リアシートのスペースを確保しているのが分かる。

ポルシェ・パナメーラと市場を争うことになる8シリーズ・グランクーペの登場は、2019年の予定だ。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『BMW M8グランクーペ その姿は?』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事