フェイスリフト版ジャガーXE 米でテストを目撃 マイルドHV採用か

公開 : 2018.09.03 10:50

ジャガーXEは発売から3年が経過し、フェイスリフト版のテストが行われているようです。パワートレインには48Vマイルドハイブリッドが採用されるなどの変更が加えられるほか、内装の洗練や最新技術の導入も進められる見込みです。

内外装に変更 48Vハイブリッドも

ジャガーはXEのフェイスリフトを来年に予定しており、そのプロトタイプが米国ネバダ州で高温テストを行う姿が目撃された。

現行XEは2015年から販売が続けられているが、小規模な変更のみが行われてきた。アウディA4、アルファ・ロメオ・ジュリア、それにBMW3シリーズなどのライバルに対抗するため、より大掛かりなアップグレードが行われる。

2019年型XEにはIペースからインスパイアされた外装が取り入れられるようだ。これに加え、キャビンへの変更も予定されており、内装の質感や仕上げに手が加えられる見込みだ。

最新技術の取り入れもXEがライバルに遅れを取っている分野だ。インフォテインメントやコネクティビティがアップグレードされるほか、半自動運転も取り入れられると見られている。

ジャガー・ランドローバーは2020年までに全モデルに電動仕様を設定する方針だが、XEにも48Vマイルドハイブリッドが導入される見込みだ。最近新たに設定された最上位の300スポーツはほぼそのままの仕様で引き続き設定されると見られる。

洗練性向上のため、サスペンションにも小変更が加えられ、乗り心地とハンドリングが改善されるようだ。公式には何も認められていないが、改良型XEは2019年のジュネーブ・モーターショーで発表され、来年後半には発売されるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事