ボルボ「360cコンセプト」9月5日発表? EV/自動運転を示唆

公開 : 2018.09.04 12:10

ボルボは「360c」と呼ばれる新たなコンセプトカーを明日発表するようです。プレビュー映像からは、LEDのライトや特殊な形状のテールランプが確認できます。このコンセプトは将来のモビリティ像を示す完全自動運転のEV車であると予想されています。

自動運転のEVコンセプトか

ボルボは360cと名付けられた新しいコンセプトカーを今週水曜日に発表する。

ビデオとともに「モビリティの将来」などのフレーズが紹介されていることから、電動であることが推定される。「移動時間を有効に」というフレーズからは、完全自動運転であることが示されているようだ。

ボルボはプレビュービデオの中でそのデザイン要素を公開しているが、その全体像は9月5日の正式公開まで隠されている。

360cという名称は1980年代の中型車である360を思い起こさせるものだ。しかし、そのスタイリングについてはそれほど似ていないものと思われる。細いLEDライトや前後のライトバーなどが確認できるほか、テールライトは四角いフィンのような形状だ。

プレビューの中ですべてのスタイリングを確認することはできないが、普通のハッチバックやSUVとは異なるものであり、ドライバーレスのポッド型であることが想像できる。他の動画ではコーヒーメーカーが搭載されていることから、その自動運転性能を示しているのではないか。

コンセプト40.2をベースとしたボルボ初のEV専用車は来年登場するといわれている。これはハッチバック車であり、XC40の要素も取り入れたスタイリングとなりそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事