次期アウディR8、ハイパーカー級EVへ V10終焉が濃厚 ランボは?

公開 : 2018.09.06 11:10

ウラカンもハイブリッド化

2022年に登場する次期型R8は、今までとは異なるルックスのスーパーカーになるようだ。その頃にはマクラーレン、フェラーリ、ポルシェなどがハイブリッド化を進めていると予想される。現行R8の姉妹車であるランボルギーニ・ウラカンもプラグインハイブリッド版が投入されているだろう。

ランボルギーニはCO2排出量削減のためハイブリッド技術を用いてはいるが、そのブランドイメージを構成するV10自然吸気エンジンは存続させる方針だ。

ただし、フォルクスワーゲングループ内でランボルギーニの生産台数だけで新たなミドエンジンのプラットフォームを設計することは困難だろう。ウラカンは現行プラットフォームを改良してV10ハイブリッドを搭載すると見られている。

もうひとつの選択肢としては、ポルシェで長らくうわさされているミドエンジンスーパーカーとの共有だ。この場合、ミドエンジン・ポルシェが次期型ウラカンとの姉妹車となり、R8を完全電動車として独立させることができる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事