トヨタ・シエンタ 2列シート車発売、荷室がフラットに 後席リマインダー搭載

2018.09.11

日本初 リアシート・リマインダーとは

マイナーチェンジを受けたシエンタは、下記のように安全機能・実用機能を強化した。

1. インテリジェント・クリアランスソナー新設定
(パーキングサポート・ブレーキ:静止物)

2. 歩行者(昼間)検知機能の追加、トヨタ・セーフティ・センスを設定

3. パノラミックビューモニターのオプション設定

4. パワースライドドア予約ロック
(スライドドアのクローズ中に施錠操作を行うと、クローズ後の施錠を予約)

5. リアシート・リマインダーを日本初採用

「リアシート・リマインダー」は、後席への荷物などの置き忘れを通知するもの。後席ドアの開閉でシステムが作動し、走行後、車両を停車しイグニッションをオフにすると、マルチインフォメーション・ディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージが表示される。

これ以外にも、ハイブリッド車は28.8km/ℓの低燃費を実現し、平成32年度燃費基準+50%を達成した。

 

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事