ボディ・スワップ対応 M・ベンツ「ビジョン・アーバネティック」 未来の自動運転バン

公開 : 2018.09.11 20:10  更新 : 2018.09.12 00:32

ボディ・スワップは数分で

メルセデスによると、ボディの載せ換え作業は機械でも人間でもできるそうで、オートメーション化されているため作業時間は「ほんの数分」で済むとのこと。ボディは他にも開発中で、今後発表される予定だ。

ボディが搭載される自動運転シャシーには、ドライバーレス走行に必要なハードウェアがすべて組み込まれている。そのおかげでビジョン・アーバネティックはボディを載せなくても目的地まで走ることができる。この新しいコンセプトは、走行エリアにライドシェアを利用したい人がいるか、あるいは貨物輸送のニーズがあるか、といった状況をリアルタイムで把握できるITインフラも備えている。

メルセデスは、電動パワートレインを用いるビジョン・アーバネティックは都心部や法的にアクセスが制限されているエリアの走行にも最適だと言う。また、ほぼ無音で走るので新たな夜間の配達手段にもなり得るとのこと。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『ボディ・スワップ対応 M・ベンツ・ビジョン・アーバネティック』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事