実車 アウディPB18 eトロン シングルシーターEV 写真7枚 モントレーの注目車(3)

公開 : 2018.09.13 06:10

アウディが発表したEVスポーツ、「PB18 eトロン」の実車画像です。全幅2mというサイズながら、車内はシングルシートとなっています。水冷式の全固体電池を搭載し、0-100km/h加速は2秒かかりません。

text: Motohiro Yamazaki(山崎元裕) photo: Yasuhiko Sato(佐藤靖彦), AUDI AG

着座すると、コクピットが移動

アウディは、モントレー・カーウィークで、EVスポーツのPB18 eトロンを世界初公開した。

ちなみにこのモデルのネーミングは、2018年のペブルビーチを意味する「PB18」、そしてアウディがこれまでEVモデルなどで使用してきた「eトロン」の称号を継承したものとされている。

そのPB18 eトロンがまず姿を現したのは、モータースポーツ・リユニオンのタイトルを掲げた伝統のクラッシックカーレースが開催中の、ラグナセカ・レースウェイだった。

ここで官能的なエグゾーストサウンドを響かせて疾走するクラッシックカーとは対照的に、ほとんど無音でサーキットを走行するPB18 eトロンは、実に印象的であった。それがアウディが「レベル・ゼロ」と呼ぶ、自動運転技術とは対極にある、エモーショナルな走りを極めたモデルであることを知れば、さらに今後の進化、そして量産化への期待も大きく高まる。

このPB18 eトロンで面白いのは、シングルシーターのコックピットだ。ドライバーがシートに着席すると、コクピット全体がキャビン中央へ向かって横方向に移動し、ドライバーはセンターに位置することになる。駆動方式はもちろんアウディ伝統のクワトロ。搭載バッテリーに全固体式を採用したことを始め、徹底した軽量化の結果、車重は1550kg以下に抑えられたという。

AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『実車 アウディPB18 eトロン』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみください。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事