現実の選択 毎日使える1000万円級スポーツカー対決 前編 回顧録

公開 : 2018.09.22 10:10

デリカシーとフィーリングも

やっとこのFQ-400は、2世代前のランエボⅧの後継に値するクルマとなったわけである。Ⅷは速さに関しては疑問の余地はなかったものの、その最良の走りを引き出すためには相応の覚悟を要求された。

それに比べるとFQ-400エンジンは、今までと同様に小排気量のエンジンを大型のターボで過給しているが、日常的な扱いやすさが大幅に向上している。

しかし、だからと言ってFQ-400は900万円(英国での現地価格)に値するクルマなのだろうか? 確かに、インテリアの素材やリファインなどが気になる人には900万円を出すのは無理かもしれないが、一度本気でFQ-400を走らせたならば、しかるべき予算を投下して丹念に造られたクルマだというのはよくわかる。

すべてのランエボはヨーセンサーとインテリジェント・デフを備えており、普通ならあり得ないようなグリップと落ち着き払ったロードホールディングを、魔法のようにあっさりと披露してみせる。FQ-400はこれに加えて、普通のランエボには欠けているデリカシーとフィーリングをも兼ね備えているのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事