現実の選択 毎日使える1000万円級スポーツカー対決 前編 回顧録

公開 : 2018.09.22 10:10

スーパーカー級の速さ

FQ-400は通常モデルより車高が下げられ、ダンパーのレートも乗り心地が許容できるぎりぎりのところまで締め上げられている。そのため確かに乗り心地は硬いのだが、ボディの動きが一段と抑制されているのがすぐにわかる。ステアリングにしても、実にクイックでありながら神経質なところはなくなっており、しかもフィールに富んでいる。

今回のテストサーキットでランエボは冗談のようなテールスライドを披露し、スーパーカーたちを嘲笑うようなラップタイムを記録してくれた。だからといってこのクルマが、公道での現実的な速度で運転して楽しめないような絵に描いた餅ではないことは保証しておこう。

このFQ-400はいかなるときも、フロントが確実にグリップしているという安心感と、四輪駆動システムを通じてパワーがロスなく四輪に伝達されているという確信を与えてくれる。ステアリングも正確で、自分が運転という行為から疎外されている感はまったくない。

異様に低いギア比の5段トランスミッション、筒抜けと思えるような遮音性の低さ、それに普通の公道でさえきしみ音が出るインテリアにさえ目をつぶれるのなら、FQ-400は真の意味で記憶に残るドライブを提供してくれるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事