最高にホットなBセグ・ハッチバックを探す 後編 回顧録

公開 : 2018.09.24 16:10

ルノースポール・ルーテシア200カップ

長ったらしい名前と風変わりなデザインのノーズが付けられていたとしても、サーキットを走らせたなら、このルーテシアは歴代最高の走りで応えてくれる。それがどういう意味なのかは、われわれが先代モデルをどれほど気に入っていたか、いや、崇拝していたかを思い返していただければおわかりだろう。

結果からいうと、新型ルーテシア・カップは今回のテストにおいて、スリルを味わわせるアビリティにかけては、ほかのクルマに頭ひとつどころか肩までの大差をつけていた。

乗り込んでポジションを調整し、バケットシートに自分の背中が拘束されたと感じた瞬間から、意識のすべてはルーテシアにわしづかみにされてしまう。厳密にはシートが3cmほど高すぎるのだが、そんなのは些事として気にもならないし、同様に素っ気ないキャビンのデザインも、もうどうでもよくなってしまう。つまり運転を始めるまでもなく、乗り込んだ時点ですでに心の中はプラス思考だけに純化されてしまうのだ。

最初に驚くのはあまりに落ち着き払った乗り心地で、たとえばアバルトなどでは太刀打ちしようもないほど快適だ。次に驚くのがステアリングである。その手応えは完璧で、2台のフィエスタは例外として、ほかのどのクルマよりも伝えられる情報が詳細にわたっている。

驚きはまだまだ続く。右足を踏み込んでしばらく待つと(と言ってもそれほど長く待たされることはないはずだ)、3000rpmですでにほかのクルマを軽く抜き去るだけのトルクを発生し、レブカウンターの針が5500rpmに達したなら、もはや凶暴としか形容のしようがない。

さらにシャシーが、そのエンジンよりもさらに甘美に、スリルを提供するという危険と隣り合わせの仕事をこなしてみせる。コーナーに入れば強烈なグリップと同時に想像を絶するようなバランスを発揮し、周回中でも脱出時でも、非常識極まりない欲望をルーテシアはなんの苦もなく満たしてくれるのである。

ルーテシア・カップは地上を走るものとして可能な限りの楽しみを提供してくれる存在である。ストップウォッチの数字が、ほかのクルマを完全に霞ませてしまうほど明確に、その事実を裏付けている。偶然にも最近このミルブルックで、長期テスト車のフォーカスRSでタイムアタックに挑んでみたのだが、このクルマはそのときとほとんど同じタイムを叩き出してみせたのだ。

わずか310万円のクルマとしては、このルーテシアは非常識をさらに超えたところに存在している。もう笑うしかないだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×