プジョー 508、508 SW、3008にPHEVを追加へ

公開 : 2018.09.25 19:40  更新 : 2018.09.25 23:03

各モデル最上位に設定

一方、3008には「ハイブリッド4」システムが搭載される。これは4WDとマルチリンク式リアサスペンションを特徴とする。200psのピュアテック・エンジンと前後に搭載された110psのモーターにより、最高出力は300psとなる。0-100km/h加速は6.5秒だ。

また、より安価な「ハイブリッド」システムも追って設定されるという情報も届いている。

どちらのハイブリッドシステムにもiブースターと呼ばれる回生機能を搭載。そしてeセーブ機能により、バッテリーを温存することも可能だ。

プジョーによれば、PHEVモデルの充電時間は2時間以下となっているほか、充電装置も荷室下部に搭載できる。

ハイブリッドシステムは、iコクピットと呼ばれるインフォテインメントシステムで操作を行う。これにより、ドライバーはエンジンの効率性、電費、燃費などが確認できるという。

価格は明らかになっていないが、各モデルの最上位に位置するものと考えられている。3008についていえば、現在の最上級モデルは3万4525ポンド(511万円)だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×