ロードテスト フォルクスワーゲン・トゥアレグ ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2018.10.14 16:10  更新 : 2018.10.14 20:32

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

内装 ★★★★★★★★☆☆

フォルクスワーゲンの世界戦略に組み込まれた重要なフラッグシップだけあって、インテリアのレイアウトは良くまとまっている。15インチの大きなモニターが付くイノビジョン・コクピットは2410ポンド(35万円)のオプションとはいえ、Rライン・テック・グレードのインテリアは、数あるSUVの中でも最もハイテクな雰囲気を演出している。

また、非常に機能的なデザインで、ボディサイズに違わぬ、広い車内も得ている。前席、後席ともにヘッドルームもレッグルームもゆとりがあり、ラゲッジスペースも広大といえる大きさ。最大で1400mmの幅があるから、ゴルフクラブはもちろん、アイスホッケーのスティックを横向きに積むこともできる。

リアシートを折り畳んでも、床面は完全にはフラットにならないが、やや傾斜が残る程度。XC90のような、目を疑うほどの広さとまでは行かないものの、長尺物を積むのにも使いやすいだろう。

運転席の正面にはモニター式となるインスツルメントパネルが配置され、ひと回り大きなインフォテインメント・システムのモニターもドライバー側に傾斜してレイアウト。センタートンネルには、ふたつのドライブモード・セレクトダイヤルが備わる。乗員空間には余裕を持たせてあり、ボリュームのあるダッシュボードが目前に広がることも手伝って、ドライビングポジションは、一般的な乗用車のように感じられる。

わたしには、ややハイテク過ぎるように感じてしまった。多くのシステムはタッチスクリーンを介して変更するのだが、BMWのiドライブや、テスラのインターフェイスほど、直感的なものではないのが残念。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

next page走り

関連テーマ

 
最新試乗記