ヒュンダイのEV「コナ・エレクトリック」試乗 航続距離の価格水準、塗り替え

公開 : 2018.11.01 10:10  更新 : 2021.03.05 21:37

必要十分なパワー インテリアも上々

普段は航続距離を保つべく、ごくごく軽くしかスロットルを踏まないため電動パワートレインの凄みは味わえないが、コナ・エレクトリックのパワーを存分に味わいたいとなれば、すぐにスーパーサルーン並みの加速が味わえるのだ。そして80km/h前後の高速域では、印象的というよりは必要十分なパワーを得られるのだ。

しかし、簡単にトラクションを失ったりトルクステアを誘発するのはいただけない。このクルマの存在理由からすると奇妙なことで、いつか電子制御部門が手直しをしないものかとついつい思ってしまう。

一方でコナ・エレクトリックのインテリアは、官能性の点では一歩及ばないものの、素晴らしい出来だ。素材は価格相応だが、8.0インチインフォテインメントシステムやデジタルの計器類、ヘッドアップディスプレイにプレミアムオーディオシステムなど、装備類は見所満載だ。

車内空間もコンパクトクロスオーバーのクラス標準レベルはクリアしている。長時間の後部座席は成人男性には少々辛いかもしれないが、それ以外の人なら前後問わず十分に感じられるだろう。トランクスペースはバッテリーによって、コナの標準モデルよりも29ℓ減少しているものの、332ℓを確保している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事