フォルクスワーゲン 2020年にディーラー網を再編

公開 : 2018.10.18 19:10

フォルクスワーゲンは、2020年に既存のディーラー網を再編し、オンラインでの販売やサービスを開始すると発表しました。電動サブブランド「I.D.」のスタートに向けた準備です。これによりコネクティビティ機能も充実するといいます。

もくじ

オンライン販売を開始
コネクティビティを充実

オンライン販売を開始

フォルクスワーゲンは、サブブランド「I.D.」のスタートに向け、ディーラーや販売ネットワークを再編すると発表した。

その中心となるのは、オンラインでの販売やサービスを開始するというもの。これにより、フォルクスワーゲンが顧客に対し、直接販売やモビリティサービスを提供することができるようになる。また、顧客の使用状態の管理や、ソフトウェアの遠隔アップデートなどのコネクティビティも充実する。

これらのサービスは各ショールームやポップストアなどによって支えられ、フォルクスワーゲンが潜在顧客にアプローチしやすくなるというメリットがある。

「われわれはお客様のニーズをより深く知ることができ、テーラーメイドのサービス提供へと繋がります」とフォルクスワーゲンでセールスとマーケティングを担当するユルゲン・スタックマンは語る。販売業務の再編により、毎年500万人程度の新規および既存の顧客とつながることができるとのことだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事