600bhpのジャガーF-タイプGTモデル

公開 : 2013.04.16 17:01  更新 : 2017.06.01 01:51

600bhpを発するスーパーチャージャー付きのV8エンジンを搭載したウルトラ・ハイパフォーマンス・ジャガーF-タイプが、ジャガーのエンジニア・スペシャリストによって計画されているという。このモデルは、現時点では開発途中にあるが、もし市販されれば最も強力なジャガーとなり、そのブランドを牽引していくモデルともなる。

エンジンは最近発表されたXJRやXKR-Sに搭載されている5.0ℓのスーパーチャージャー付きV8で、その出力はそれらモデルに搭載されている542bhpよりも大きくなることだろう。

ジャガーのボス、エイドリアン・ホールマークは、まだこのプロジェクトの存在を明らかにしてはいない。しかし、先月のニューヨーク・モーターショーで発表され、50台が生産されることになったXKR-S GTの跡を継ぐモデルの存在があることは認めた。

「明らかに30台から50台のスペシャルGTを作ることは、会社の利益にとっては何ら重要ではない。しかし、これらのプロジェクトは、そこからフィードバックされることが多いということが重要なのだ。」と彼は言う。

「XKR-S GTでは、運転しやすさが常に暴力的なパワーに先行しなければならない、ということを学んだ。」

ホットなF-タイプは少なくとも2016年まではプロダクション・モデルのラインナップに加えられることはない。しかし、今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに、その姿を表わす可能性がある。ホールマークもこのイベントに「スペシャルな何か」があることだけは約束してくれている。

関連テーマ