マクラーレン・スピードテール 12月に公道へ テスト車両名「アルバート」

公開 : 2018.11.10 19:45

高速性能検証 メンバーにブラックも

また、ハイスピード・トライアルについては、かつてのインディカーチャンピオンであるケニー・ブラックがハンドルを握るという。ブラックは現在、マクラーレン・オートモーティブのチーフテスト・ドライバーを務めているのだ。

同社で車両開発を担当するベン・ギルバーは、次のように語っている。

「実測でのテストの開始は、スピードテールの開発における大きな1歩です。パフォーマンスをフルに発揮できる、最初のプロトタイプである『アルバート』は、初期の開発車から継承されている貴重な開発過程がもとになっており、これによりわたし達は、シャシーのダイナミクスやブレーキ性能、ダンパーの調整、タイヤ、NVHおよびエルゴノミクスや快適性などの車両特性を検証することができます」

「既に多くのテストが完了し、スピードテールは、史上最も偉大なマクラーレン・ロードカーになるべく順調に開発が進んでいます」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事