アストン マーティンの7年計画 次はDBX アストン最量販車に

公開 : 2018.11.16 11:10

アストン7カ年計画の7台

DB11(2016年)

新時代アストンの1台目。売れ行きは好調で、よりハイパフォーマンスなDB11 AMRがすでに登場している。オープン仕様のヴォランテも追加された。

ヴァンテージ(2017年)

先代よりも格段にスポーツカーらしくなり、ポルシェ911と直接的に対峙する。ヴォランテやV12仕様も登場へ。

DBSスーパーレジェーラ(2018年)

最新のアストン マーティン。フェラーリ812スーパーファストをライバルとするフロントエンジンのスーパーカーだ。

DBX(2019年)

アストンの第二世紀を象徴するモデル。直接の祖先を持たない5ドアSUVだ。

ヴァンキッシュ(2020年)

ミドエンジンのスーパーカーとしてこの名称が復活する。レッドブルF1の拠点に設けられた特別な施設で開発中。

ラゴンダ・サルーン(2021年)

ラゴンダのバッジをつけたサルーンでロールス・ロイス・ファントムに対抗する。独特のプロポーションやスタイリングを持つ。

ラゴンダSUV(2022年)

ラゴンダのラインナップはすぐにSUVの投入により拡大する。サルーンと同様、DBXと近い素性を持ち、ウェールズのセント・アサンで生産される。

関連テーマ

人気テーマ