アルピーヌ・ルノー復活?

公開 : 2012.01.26 01:59  更新 : 2017.06.01 00:54

この秋のパリ・モーターショーで、ルノー・アルピーヌA110をトリビュートしたモデルが出現する。A110ベルリネッタの生誕50年を祝ってのことだ。

ルノーのデザインチーフであるローレンス・ヴァン・デン・アッカーは「生誕50周年にあたって、何もしないわけがない」とオートカーに語った。

新しいアルピーヌ・クーペが現実に生産されるかどうかは、ショーの反応を見てからということになろう。「最高のものをデザイナーは用意しているし、その準備はできている。」とヴァン・デ・アッカー。また、マーケティング責任者のスティーブ・ノーマンはアルピーヌの生産のために「何をするのかは判っている」と言った。「しかし、その市場があるのかどうかを知る必要もある」と。

ヴァン・デ・アッカーはこう語る。「フェラーリやランボルギーニのライバルを造るというのは現実的でないね。それにアルピーヌがそれを望むとも思えない。あるとすれば、新しい電動技術を駆使したモデルになろう。」と。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事