アルピーヌA110 vs マクラーレン570S 比較試乗 なぜ公道で光り輝く?

公開 : 2018.12.01 10:10  更新 : 2021.05.13 12:00

舞台はエクスムーアのB級路

A110のスタイリングを攻撃的に過ぎるというひともいるかも知れないが、わたしはこのクルマのデザインを見事だと思っている。レトロだが懐古主義ではなく、オリジナルを想起させつつモダンでもある。

それでも、デビュー後3年を経過して570Sに見慣れたとはいえ、エクスムーアの砂利敷きの駐車場で2台が肩を並べて停まっていると、アルピーヌは迫力に欠けるように感じる。まるで322km/h以上に達する最高速によってボディが引き延ばされたかのような570Sと並ぶと、A110のスタイリングは妙にアップライトに見えるのだ。

エクスムーアを選んだのは、荒地を縫うように走る入り組んだB級路では、この2台に共通するものの神髄がより明らかになるだろうと考えたからだ。

A110に乗り込んですぐに気が付くのは、その品質の高さであり、それがこのクルマのドライビングのすべてを支配している。十分なストロークを持つ非常に順応性に優れたサスペンションによって、A110はバンプや落ち窪んだ側溝のカバーといった路面不整も何事もなかったかのように通過してしまう。

今回テストコースに選んだようなB級路でもサスペンションのしなやかさは特筆するレベルにあり、坂の頂点を通過したり、路面のうねりに出会ってもそのボディコントロールにはいささかの乱れもなく、まるで完全にフラットで滑らかな道路を走っているかのように感じさせるのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×