「Qカー」知ってる? 「羊の皮をかぶった狼」なクルマ21台 後編

公開 : 2018.12.09 06:10  更新 : 2019.05.04 13:03

後編では、2000年代以降に発売された最近のQカーをご紹介します。控えめなルックスに大排気量エンジンを積んだサルーンからフェラーリなどにも対抗可能な実力を持つテスラまで、多様なQカーが登場します。

ローバー 75 V8 (2002)

ローバーのV8は過去半世紀で最も賞賛されたエンジンのひとつだが、会社の末期には、4気筒エンジンの手頃な価格のファミリーカーを生産することの方で知られていた。

しかし、少数の75(とMG ZT)は、75年間のローバーの歴史の最後にV8エンジンを手に入れた。フォードの4カム4.6ℓV8で、もちろん後輪駆動だ。自然吸気版は260psである。ZT用に385psのスーパーチャージャー版も開発されたが、生産には至らなかった。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事