新型リンカーン・アビエーター 3列シートの中型SUV LAショー

公開 : 2018.12.05 06:10

ロードプレビュー機能とは

室内には12.3インチのLCDインストゥルメント・クラスターを装備。視認性に優れた美しいグラフィックが特徴だ。

ドライブモードは、ノーマル、コンサーブ、スリッパリー、ディープコンディションという5種類にくわえ、アヴィエーター・グランドツーリング用に「ピュアEV」「プリザーブEV」を設定。

注目は、路面の陥没や不整をセンシングする前方スキャン・システムの搭載だ。

これは、先進的なフォワードセンシング・カメラを用いたロードプレビュー機能で、常に前方の道路表面をスキャニング。必要に応じてアダプティブ・サスペンションをシームレスに、かつ即座に調整することでスムーズな乗り心地を実現するという。

また新型アビエーターは、スマートフォンをキーとして使用する「フォン・アズ・ア・キー」機能も備えている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事