新型メルセデス・ベンツBクラス 英価格が発表 邦貨換算390万円〜

公開 : 2018.12.05 19:10

充実したインフォテインメント機能 音声操作も可能に

インテリアは新型Aクラスと共通だが、インストゥルメントパネルがふたつのユニットに分けられている。サイズはグレードによって、7.0インチから10.25インチまで異なる。さらに、オプションでヘッドアップディスプレイを選択することもできる。

BクラスはAクラスに続き、MBUXマルチメディアシステムを搭載した2番目のモデルである。このシステムはタッチだけでなく音声やジェスチャーによる操作が可能で、メルセデスミーと呼ばれるコネクティビリティ機能も搭載している。

そのほかにも、オプションには多くの運転支援システムも用意されている。これらはSクラスに搭載されていたもので、特定の状況では半自動運転が可能になる。

選択したオプションによってはリアシートを14cmスライドでき、トランク容量は455ℓから705ℓと、先代と同等の広さを確保している。さらにリアシートをたためば、1540ℓの容量を確保することもできる。

メルセデスのコンパクトモデル攻勢はまだまだ続く。来年には新型GLBに加えて、CLAやGLAも登場予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×