中国ベストカー選手権 中国製モデル最高の1台はどれ? 比較テスト

公開 : 2018.12.23 11:40

中国製モデルのナンバーワンを決めるコンテストに英国版Autocarスタッフが参加しました。世界最大の新車市場である中国では数多くのメーカーが覇を競っていますが、今回は販売台数を基準に参加車両が選ばれています。中国版カーオブザイヤーに輝くのはどのモデルでしょうか?

もくじ

何故か舞台はサーキット 参加基準は販売台数
サルーン部門 トップ争いはフォルクスワーゲン勢
似たようなモデル ボーラがトップ
SUV&MPV部門 意外な選択
欧州上陸が楽しみ 心に響くモデル
EV部門 来年が楽しみ
番外編:ウーリンの大ヒットモデル

何故か舞台はサーキット 参加基準は販売台数

かつて賑わいを見せた広大な広東国際サーキットだが、いまでは雑草が生い茂り、まるでこの土地の開発を虎視眈々と狙う建設業者のように、周囲を真新しいタワーや建物が取り囲んでいる。

つまり、サーキット向きのモデルなど1台も無いとはいえ、ここは決して23台もの中国製サルーンやSUV、MPVを集めた比較試乗にもっとも適した場所などとは言えないということだ。

だが、中国での運転免許取得は依然として簡単ではなく、初開催の中国版「カーオブザイヤー」選手権、つまり「中国ベストカー選手権」を行うためには、サーキットへやってくるしかなかったのだ。

いずれにせよ、メインストレートにコーンでスラロームコースを設置し、いくつかのコーナー間には減速帯を設け、さらには退避エリアまで確保して思い切りクルマを走らせるのだから、公道など不要だろう。


というのは冗談だが、これは真剣な試みだ。中国は世界最大の新車市場であり(今年は米国との貿易戦争の影響からここ数十年で初めてわずかに減少しそうなものの、昨年の販売台数は2470万台にのぼる)、主要セグメントにおける主要メーカーのほとんどがこの地で生産を行っている。

今回は売上げ台数を基準に参加車両を選んだ。今年1月から8月までの中国におけるサルーンモデルの売上げトップ10がすべてこのなかに含まれており、なかでも、販売台数28万4655台でトップに立つラヴィーダを始め、フォルクスワーゲンからは6台が参加している。

さらに、すべてのモデルのなかで中国最大の販売台数を誇るウーリン・ホングァン(29万6663台)を始めとして、MPVの売上げベスト4も今回の参加者に選ばれている。

ベストセラーモデルのハヴァルH6を筆頭に、SUVの売上げトップ5台が選ばれているのは当然であり、EVの売上げトップ4も今回の選手権への参加車両だ。だが、中国が世界最大のEV市場であることに驚きはないものの、世界では322km以上の航続距離が当たり前になっていることを彼らが知ればどう思うだろうか?