ロードテスト アストン マーティンDBSスーパーレジェーラ ★★★★★★★★★★

公開 : 2018.12.16 10:10  更新 : 2018.12.25 16:58

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

アストン マーティンが搭載されるインフォテインメント・システムのオリジナルは、メルセデス・ベンツのもの。しかし、メルセデス・ベンツの上級サルーンやSUVが搭載するものほど、優れてはいない。しかし、スーパー・グランドツアラーというカテゴリーで比較すると、ライバルのものと同等の機能を備えているといえる。

2年前にDB11のインフォテインメント・システムを評価した時は、良質なグラフィックスと滑らかな動きを褒めている。しかし2018年基準で見ると、グラフィックスはやや洗練性に欠けていると感じてしまった。また、アンドロイド・オートやアップル・カープレイなどの機能も備わらない。だが、DBSスーパーレジェーラが搭載するインフォテインメント・システムは、直感的に理解しやすく、標準仕様のものとしては最高水準にはある。

使いやすさという点では、タッチパッドの下にロータリースイッチが半分隠れており、指を伸ばさないと操作できないところは気になる。オプション装備のバング・アンド・オルフセン製のベオサウンド・スピーカーの音質は素晴らしいが、価格は5495ポンド(81万円)と、価格もそれなりだ。

ラゲッジスペースは有用なサイズで、基本的にはDB11と同じ開口部と広さがある。特に気になる部分はないだろう。大きさは、一番狭い部分で幅が810mm、奥行きが590mm、高さが350mmとなる。

視界

上下にスリムなフロントガラスで、ピラーで切られた箱から覗いているような感覚があるが、さほど気になるわけでもない。ピラーレスのドアのおかげもあり、横方向の視界は良好といえる。

燈火類

LEDヘッドライトには、コーナリング時にタイヤに合わせて光軸も変化する機能が標準装備。ロービームは充分に明るく、視界も深い。

ステアリングとペダル

シートの中心から20mmも右にステアリングがオフセットしているから、明確にわかる。ペダル類の位置は適正で、ステアリングコラムの調整代もたっぷりある。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ロードテストの人気画像