ダイハツ・コペンに「クーペ」 200台限定、ルーフはCFRP 東京オートサロン2019

2018.12.19

ダイハツは、軽スポーツカー「コペン・クーペ」を200台限定で発売します。東京オートサロン2019に市販予定車として出展、2019年1月11日(金)から専用WEBサイトで商談希望者の募集を開始。生産、納車は2019年4月以降を予定。ルーフはCFRP製です。

コペン・クーペ 東京オートサロンに

ダイハツは、軽スポーツカー「コペン・クーペ」を200台限定で発売する。

東京オートサロン2019に市販予定車として出展するとともに、2019年1月11日(金)から専用WEBサイトで商談希望者の募集を開始。生産、納車は2019年4月以降を予定している。

ダイハツは、2014年6月に発売した「コペン・ローブ」に加え、「コペン・エクスプレイ」、「コペン・セロ」の趣向の異なる3つの意匠を発売している。

コペン・クーペは、東京オートサロン2016に出展したコンセプトカーを商品化したもので、出展後多くの好評の声があがったことから、市販化に向け開発を進めてきたという。

「コペン・セロ」をベースに、CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルの商品であり、ルーフからトランク、リアエンドまでが一体となったエクステリアが特徴。

まずは東京オートサロン2019に、「コペン・クーペ」に加え、新たなテイストを提案する「コペン・セロ・スポーツプレミアムバージョン」を出展する。

また、今後も販売会社とともにカスタマーとのコミュニケーションを深めるファンミーティングを積極的に開催し、「モノづくり」「コトづくり」の両輪でコペンを通じたダイハツファンづくりにつなげていくという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事