ジャガーXFスポーツブレークに試乗 良質 英国の伝統をモダン解釈

公開 : 2018.12.20 11:30

ハンターや愛犬家でなくても

ちなみにサルーンと異なるスポーツブレークならではの特徴として、ラゲッジスペースにも見るべき点が多々ある。

リアハッチゲートを開けるとフロアの両端には、本格的に使いやすそうでヘビーデューティーな、スライドレール式フックが備わっている。

またトノカバーとは別に、ラゲッジスペースと後席を仕切る、ロール収納式ネットを標準で備えている。

これはブレーキング時に背の高い荷物が雪崩れ込むのを防ぐだけでなく、猟犬を積むことが前提のシューティングブレークでは、あって然るべきディティールだ。

4ドアであること、恐らくはメルセデスがCLSのワゴン版をそう名づけてしまったことで、敢えて「シューティングブレーク」とは謳わないジャガーだが、ハンターや愛犬家でなくてもニヤリとさせられる「正統ディティール」という訳だ。

ハンティングだけがゲームではない現代に合わせてアップデートされた、「遊ぶ」ためのブレークだからこそ、本気の造り込みを感じさせる。この意味でXFスポーツブレークは英国車らしいブレークの最新解といえるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事