VWゴルフ M・ベンツCクラスで試す グランドツーリング・タイヤ

公開 : 2018.12.30 18:10

「買い」か?

ヨコハマの掘り出し物

黒い風船(浮き輪?)のように見えるタイヤだが、鉄や金属で編まれたベルトやコードの機械的構造を持つ。部位部位のゴムの厚さや形状も含めてタイヤのサス機能の特性が決定する。低転がり抵抗とグリップ力を両立したトレッドコンパウンドやパターン設計も感心させられたが、このケース設計がいい。硬いだけでなく、ダンピングが利いている。クッション(縦バネ)は硬めで、段差乗り越えで硬さを意識する部分もあるが、普段乗りでも不快感はない。

その点ではアドバン系で快適性や省燃費で優れたモデル、例えばアドバンdBとキャラが被る。もちろん、省燃費以外の総合性能ではアドバン系に及ばないが、ブルーアースGTには大きな強味がある。

コスパである。スタンダードラジアルほどではないにしても、性能や快適性のプレミアムタイヤに比べると手頃感のある実勢価格になると予想される。

マニアというほど強いこだわりがあるわけではないが、価格最優先で選ぶほど無関心でもない。だが、「自分の使い方に合った良質には相応の投資を惜しまない」というタイプのドライバーにはけっこうな掘り出し物。高速長距離走行や山岳路走行の機会も多いことが大前提であり、距離の伸びやすい使い方にもなるので燃費と合わせて一石二鳥である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事