2019年を占う ポルシェにとって重要な年 初のEV「タイカン」発売へ

公開 : 2019.01.20 07:40  更新 : 2021.02.10 17:27

番外編:今年登場予定の期待の新型車たち

キア・ソウルEV

ソウルは3代目で初めてEV仕様が英国でも導入される。480km程度の航続距離が予想される。

キア・エクシード

ハッチバックのシードをベースとしたコンパクトSUV。ヒットになりやすいパッケージングだ。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

770psのV12を搭載する限定車。ニュルブルクリンクのラップレコードを更新した。

ランボルギーニ・ウラカン

フェイスリフトを受け、スタイリングの変更とより大きなパワーを得た。

ランボルギーニ・ウラカン・スパイダー

カツラのひとには向かないソフトトップバージョンが追って登場する。

レクサスRC

レクサスによれば、乗り心地とハンドリングが向上したとのことだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事