ロータスのSUV、中国で生産へ スポーツモデルは英国生産続行

公開 : 2019.01.25 18:40  更新 : 2019.01.25 18:43

スポーツモデル、ヘセルで生産継続?

中国の新工場については、英国内の仕事を奪うことはないとしている。ジーリーホールディングの計画によると、ロータスのSUVは中国の施設で生産されるが、既存のエリーゼやエキシージを含むスポーツモデルは依然として本拠地ヘセルでの生産が継続される。

ロータス担当者は「ロータスとその株主は一丸となってヘセルでの継続的なスポーツカー生産と、ノーフォーク本社への投資を含めた包括的な拡大に専念しています」と話した。

ジーリーホールディングはロータスの歴史を尊重することを重視しており、ジーリーホールディングを率いる李書福は「英国で築き上げた約50年におよぶヘリテージを中国に移すのは無意味です。これからも英国での活動を支援していきます」と語った。

本記事の執筆時点で、ロータスの英国本社は182の求人情報を掲示している。

中国で具体的にどのモデルが生産されるかの詳細は不明だが、ロータスは「生産拠点と車種」についての詳細情報をそのうち公にするとしている。

ジーリーホールディングはボルボや英国のタクシーメーカー、LEVCなどの株式取得に続き、2017年5月にはロータスの51%の株式も取得した。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事