至高の直6 新旧対決 BMW M2コンペティション vs M3 CSL 前編

公開 : 2019.02.02 10:10

鋭い切れ味の直6NA

あとでM2にも乗ることになるが、運転姿勢の点で真っ先にCSLよりもいい点をつけるのはまちがいないだろう。BMW M当代の旗手は座りくらべるとスーパーカーかと思うほど低く感じるし、ステアリングもまっすぐ胸に向くなど、その辺にぬかりはないのだ。

まあ運転姿勢の不始末などは、救いようがないほどひどくもない限りすぐに忘れて気にならなくなるものだ。この夢から出てきたようなエンジンがあれば、イヤなこともふっとんでしまう。

そのエンジンだが、キーをひねってみても目覚めは落ちついたものだ。しかしたかだか2500rpmほどで回っていても、6本のシリンダーそれぞれに独立したバタフライを奢る自然吸気のおかげでスロットルの反応はメスのような切れ味で、この先に待ちうけるものをひしひしと予感させてくれる。

ツインターボのM2なら、3000rpmも回れば56kg-mものトルクで悠然と押し出してくるところだろう。推進力だけを取ればまるで話にならないが、こちらはここからいよいよかん高い金切り声が響きはじめるのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事