回顧録 ミドル級ミドシップ対決 ケイマンR vs エヴォーラS 前編

公開 : 2019.01.28 11:50

軽量化を果たしたケイマン

今回、ご登場願ったケイマンとエヴォーラには、それぞれ「R」と「S」のサフィックスが付いている。おそらく上記の問題点を多少なりとも改善してきたことだろう。「多少なりとも」と断り書きを入れたのは、ケイマンの場合にはどう考えても「すべて」とはならないはずだからである。

980万円の価格はSより200万円以上も高いが、ケイマンRは決してケイマン「GT3」ではなく、せいぜい「Sプラス」程度に考えるのが順当だろう。わずか10psの向上にとどまり、依然として911のベースモデルであるカレラ2にさえおよばない330psの最高出力からも、それは明らかだ。

もっとも、パワーについてはポルシェにも弁解の余地がある。このモデルの開発目標で最優先事項とされたのは別のところだからだ。軽量化である。

ケイマンRはSより50kgも軽い。その軽量化の一部は遮音材の撤去によって実現しているようで、ドアのどこかに隙間があるような音がする。風切り音もロードノイズもエンジン音も、過去に乗ったケイマンSにより明らかに大きい。これにはドアがアルミ製に変更された影響もあるかもしれない。そして残る軽量化のメニューは、エアコンとオーディオの取り外しと現行ポルシェ中で最軽量のアロイホイールへの換装だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×