ロードテスト BMW 8シリーズ・クーペ ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2019.02.03 17:40  更新 : 2019.02.05 17:56

 

はじめに ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

意匠と技術 ★★★★★★★★☆☆

今回の8シリーズは、BMWとしてはスポーツカーだと認知されたい2ドア大型GTクーペだ。ここ1年ほどロードテストにかけたモデルにおいて、こうしたマーケティングは珍しいものではなかったし、それらが読者諸兄を欺いてはいないと思う。しかしBMWが、新型8シリーズを、その触れ込みに信憑性を与えるだけのパフォーマンスとハンドリングを備えていると主張するには根拠がある。

このクルマは、FIA規定に準拠した自社製レースマシンであるM8GTEと並行して開発されたのだ。その車体には、スティールやアルミ、マグネシウム、そしてカーボンFRPといった多様な素材が用いられ、比較的パワフルなエンジンと、インテリジェントな4WDや4WSを標準装備している。

全長は4843mm、ホイールベースは2822mmで、どちらもスポーツカーのそれとは言い難いが、事実上の先代に当たるF12系6シリーズより短く、GTクーペの水準に照らせば決して大きすぎることはない。テスト車の840dの実測1901kgという車両重量は、2017年に計測したよりショートなLC500クーペや、昨年のメルセデスAMG CLS53 4マチックよりも軽かった。

BMW曰く、スタイリングの狙いは「透明感やモダンさ、そしてエモーショナルな魅力」だというが、それは達成されているように思える。デザインはおそらくこれまでよりも優美な凝ったもので、さらに英国仕様は、現地法人の判断でMスポーツ版のエクステリアが標準装備されて、アグレッシブさも多少増している。たしかに、Mスポーツ仕様を選ぶユーザーが一般的ではあるのだが、テスターの中にはそれを纏わない、控えめな標準仕様の方が好ましいという声もあった。

サスペンションはダブルウィッシュボーンとマルチリンクのセットで、金属スプリングとアダプティブダンパーを備える。競合するGTカーと異なり、エアサスペンションの設定はない。ステアリングは電動アシスト式で、アクティブ可変レシオのインテグラル・アクティブステアリングシステムを前後アクスルに設置。インテリジェント制御4WDのxドライブは、通常時は後輪を駆動し、必要に応じて駆動力を前輪へ伝達する。約38万円のオプションとなるMスポーツ・テクニックパッケージは、強化版ブレーキやトルクベクタリング機構を備えるリアデファレンシャル、ランフラットではないパフォーマンスタイヤのセットで、テスト車はそれを装着していた。なお、840dの標準装着タイヤはランフラットだ。

この840dの直6ディーゼルは、740dのそれと同等で、640dよりわずかに増強された319ps/69.3kg-mを発生。組み合わされる8段ATは、640dのそれよりワイドレシオな設定となっている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事