ヒュンダイ・サンタフェ

公開 : 2012.03.27 12:34  更新 : 2021.02.20 18:32

3代目となるヒュンダイ・サンタフェがはっきりとした形で公表された。この小型SUVは、来月のニューヨーク・モーターショーで一般に公開される。
内部的にはDMというコードネームで開発されていたモデルだが、関係者はそれがサンタフェであると確認している。

新しいサンタフェはi40Dと同じ「流体彫刻」というヒュンダイの新しいデザイン言語に基づいて設計されている。ストーム・エッジというデザイン・コンセプトを発展させたもので、ヒュンダイは「嵐が形成される際の力強くダイナミックなイメージ」であるという。

そのサイドラインは、前モデルよりも鮮明なラインを持つ。そして、正面はより攻撃的なスタイルが与えられる。現在のトレードマークである六角形のグリルが採用され、バンパー下部はより無骨なデザインとなっている。

現在までサンタフェは256万台を販売している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×