VクラスもEVに メルセデス・ベンツ「EQV」 3月ジュネーブ発表へ

公開 : 2019.02.05 11:55  更新 : 2019.02.28 20:20

2022年までに9モデルのゼロエミッション車

現行Vクラスには3種類の異なる全長が設定されており、インテリアも最大8人乗りから「ラグジュアリー」な仕様まで選べる。また、英国ではマルコ・ポーロと名付けられたキャンパーバンも販売されている。

EQVもこの現行Vクラスで用意されているオプションを引き継ぐことになるだろう。床下にバッテリー・パックを搭載する電動アーキテクチャを活かし、さらに多彩な車内空間の使い方ができる可能性もある。

EQVのライバルとなるID Buzzの乗用バージョンは2022年に発売される予定だ。フォルクスワーゲンのタイプ2から着想を得たこのMPVは、2021年に商用バージョンも投入される見込みで、その航続距離は約550kmにもなると言われている。

メルセデスはEQCを皮切りに、2022年までに9モデルのゼロエミッション車を投入することを目指している。

その中にはスマート・ブランドから登場する電動シティカーや、巨大な中国市場の需要に応えるEQAベースのセダンなどが含まれる。

EV ジュネーブモーターショー2019 メルセデス・ベンツ 関連記事

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像