試乗 ジャガーXFスポーツブレーク300R Fタイプのエンジン 大人のワゴン

公開 : 2019.02.21 10:35

どんな感じ?

ワゴンボディと相性のいいトルクフルな性格

四輪駆動となるXFスポーツブレークの瞬発力はなかなかのもので、0-100km/h加速を5.7秒でこなし、Fタイプよりもわずかに遅い程度となる。このインジニウムエンジンだが、美しいスポーツクーペのボディに納まっている時は、フラットトルクな性格と荒っぽいサウンドが評価を下げていた。しかしスポーツブレークなら、堅牢で低回転から豊かなトルクを生み出す性格は実用的で、相性が良い。ただし追い越し加速など、重要な中回転域でのパフォーマンスは、際立って速いといえるほどでもない。

組み合わされるトランスミッションはZF社の8速AT。最新型ではないようだが、たとえステアリングホイールに備わるシフトパドルを操作しなくても、変速タイミングは洗練されており、動作も素早い。一方でこのトランスミッションは、G30型のBMW 5シリーズと同じものなのだが、ほぼ知覚できないようなBMWの滑らかな変速フィールが、不思議なことにXFでは得られていない様子。

また全般的にジャガーは、BMWやメルセデス・ベンツ、アウディなどと比べると、パワートレインの効率で肩を並べているとはいえない。英国であっても、ライバルモデルと比べてXFスポーツブレークを目にする機会が少ない理由は、そこにもあるだろう。高速道路でのクルージングでも、燃費は11.3km/ℓ程度と良いわけでもなく、ジャガーが発表している1763kgという車重も、実際はもう少しかさむのではないかと、われわれは考えている。

また、XFのインテリアデザインは、どこか一世代古い印象がある。今回新たにダッシュボードには10インチのタッチプロ・インフォテインメント・システムが納まり、スウェード調のルーフライニングが標準装備されたとしても、基本的な雰囲気は変化していない。来年刷新される予定のXJは、遥かに改善しているべきだから、実際ドライバーズシートに座ってみるのが楽しみだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事