試乗 ホンダCR-V 完成度の高いハイブリッド 穏やかで紳士的な走り

公開 : 2019.02.14 10:50  更新 : 2019.02.14 11:28

 
 

どんな感じ?

  

標準のガソリンモデルより優れた走り

CR-Vには1.5ℓのガソリンターボエンジンを搭載した標準的なグレードもあるが、ハイブリッドの方も、車内は広々としており快適で、質感もソリッド。もちろん高級ブランドのアウディやメルセデスとは異なり、質感に目を見張るということはないものの、清楚でしっかり作り込まれた雰囲気は、しっかりドライバーへと伝わってくる。

ハイブリッド・グレードには駆動用のリチウムイオン・バッテリーがラゲッジスペースの床下に搭載されており、3列目シートが選択できない理由となっている。だがスペアタイヤは装備されているし、2列目のシートの居住性にも影響はない。ラゲッジスペースの容量も、僅かに減らされているが、不足のない497ℓが確保されている。

走り出してみると、車内空間の遮音性は高いうえ、ドライブトレインの洗練性や乗り心地も好ましく、ハンドリングなども含めて、標準のガソリンモデルよりも多くの部分で優れていることがわかる。またこの新しいハイブリッド・システムは、ハーフスロットルでのレスポンスが良く、ドライバビリティにも優れている。一般的に想像するような、エンジンとモーターとが組み合わされたハイブリッドとは一味違う。しかし、冒頭に触れたように、CR-Vがスポーティということではないけれど。

停止状態からの加速は、レスポンシブルでシームレス。クラッチの切断やギアチェンジがまったく起こらないから、まるでEVのように極めてスムーズにスタートする。しかし、そんな状態は長くは続ず、アクセルペダルのトラベル量を探っている間もなく、ガソリンエンジンがスタートする。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記