ロードテスト レクサスES ★★★★★★★☆☆☆

2019.02.17

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ 結論

スペックで学ぶ レクサスES

レイアウト


プラットフォームは、現行のカムリやRAV4と同じTNGA-Kがベースで、サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクを採用。4気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせ、システム出力218psを発生するハイブリッドユニットは、電気式CVTを介して前輪を駆動する。

エンジン

駆動方式:フロント横置き前輪駆動
形式:直列4気筒2487ccガソリン
ブロック/ヘッド:アルミニウム
ボア×ストローク:φ87.5×103.4mm
圧縮比:14.0:1
バルブ配置:4バルブDOHC
最高出力:178ps/5700rpm
最大トルク:22.5kg-m/3600-5200rpm
交流同期電動機
最高出力:120ps
最大トルク:20.6kg-m
許容回転数:5800rpm
システム出力:218ps
馬力荷重比:125ps/トン
エンジン比出力:72ps/ℓ

シャシー/ボディ


構造:スティールモノコック
車両重量:1742kg (公称値)
抗力係数:0.29
ホイール:8.0Jx18
タイヤ:235/45R18 94Y
ダンロップ・スポーツマックス050
スペアタイヤ:なし(パンク修理キット搭載)

変速機

形式:電気式CVT
最終減速比:3.389:1

燃料消費率

AUTOCAR実測値:消費率
総平均:14.8km/ℓ
ツーリング:17.3km/ℓ
動力性能計測時:6.2km/ℓ

メーカー公表値:消費率
市街地:20.0km/ℓ
郊外:22.7km/ℓ
混合:22.2km/ℓ

燃料タンク容量:50ℓ
現実的な航続距離:742km
CO2排出量:103g/km

サスペンション

前:マクファーソンストラット/コイルスプリング、スタビライザー
後:マルチリンク/コイルスプリング、スタビライザー

ステアリング

形式:電動、ラック&ピニオン
ロック・トゥ・ロック:2.6回転
最小回転直径:12.6m

ブレーキ

前:305mm通気冷却式ディスク
後:281mmディスク

静粛性

アイドリング:38dB
最高回転時:73dB(3速)
48km/h走行時:58dB
80km/h走行時:62dB
113km/h走行時:65dB

安全装備

ABS/EBD/BAS/VSC/HSA/レクサスセーフティシステム+
Euro N CAP:5つ星(ES300hコンフォート、右ハンドル、2018年)
乗員保護性能:成人91%/子供87%
歩行者保護性能:90%
安全補助装置性能:77%

発進加速

実測車速mph(km/h)
30(48) 3.6
40(64) 4.9
50(80) 6.6
60(97) 8.7
70(113) 11.2
80(129) 14.1
90(145) 17.6
100(161) 21.8
110(177) 27.1
120(193)
130(209)
140(225)
150(241)
160(257)
170(274)
180(290)

中間加速〈秒〉

中間加速mph(km/h)
20-40(32-64) 2.5
30-50(48-80) 3.0
40-60(64-97) 3.7
50-70(80-113) 4.6
60-80(97-129) 5.6
70-90(113-145) 6.6
80-100(129-161) 7.8
90-110(145-177) 9.6
100-120(161-193)
110-130(177-209)
120-140(193-225)
130-150(209-241)
140-160(193-257)
 
最新試乗記

人気記事