ロードテスト レクサスES ★★★★★★★☆☆☆

2019.02.17

結論 ★★★★★★★☆☆☆

「大胆なスタイリングと高い経済性で、合理的な選択だが、キャラクターはドライ」

シャープなルックスと充実装備、そして魅力的な価格設定。欧州の高級セダン市場において、ESは高い競争力を誇るモデルだ。しかし、旧式のGSより多くの台数が捌けそうなクルマだとしても、それはGSとはまったく違う理由で売れるものとなっている。そして、セグメントの支配力をもたらすであろう円熟味や多面的な魅力には欠けている。

まず欠けているのは、走りの魅力だ。われわれがこのクラスにおいて、評価の分かれ目としているものだ。それは、十分に想定できたことだが。このクルマが走りより快適性や洗練性に重きを置いているのは確かだが、マナーや運転しやすさを重視したパワートレインや、時として過剰な刺激を示す乗り心地が、それを害している。

結果としてこのクルマは、渋滞や市街地走行においてのみ快適なものとなっている。そうした状況では、この7代目ESは乗り心地がいいのはもちろん、ハイブリッドユニットのスムースさや燃費も上々だ。だが、このセグメントのセダンを購入する多くのユーザーは、より幅広い能力を期待するだろうと思われる。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

このクルマに夢中になるのは難しいが、走りを重視しないユーザーには売れるだろう。客観的に見ればパフォーマンスのレベルはそう悪くないし、インテリアには好ましい部分が多くある。

サイモン・デイヴィス

走行モードのセレクターとトラクションコントロールのスイッチは、ちょっとばかり奇妙な見てくれだ。メーターパネル上部の両端に突き出たそれは、棒状の鼻ピアスを思わせる。最新のレクサスに、パンクロッカーのバイブスを見出すとは思わなかった。

オプション追加のアドバイス

約580万円のプレミアムパッケージ仕様は、Fスポーツのスポーティな要素を取り除き、しかし価値あるいくつかのアップグレードを図ったものだ。オプションはメタリック塗装程度しか設定されないが、これは選びたいところだ。

改善してほしいポイント

・ヘッドルームとトランク容量の増加を。また、後席シートバックの分割可倒をどうにかして装備してほしい。
・ブレーキペダルのフィールを追求してほしい。エコモードでは踏みはじめに利きすぎ不自然で、スポーツモードでもあまり改善されない。
・ハイブリッドパワートレインを、さらに熟成させてもらいたい。

 
最新試乗記

人気記事