ロードテスト フォード・フォーカス ★★★★★★★★★☆

公開 : 2019.03.02 11:50  更新 : 2019.03.12 14:36

 

はじめに ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

意匠と技術 ★★★★★★★★★☆

刷新された箇所は実に多く、先代モデルとの違いは小さな差ではなく、大きな隔たりと呼ぶ方がふさわしい。

この4代目フォーカスは、新開発のC2プラットフォームを用いるはじめてのフォード車だ。このコンポーネンツは、新型フォーカスをセールスポイントである「ファン・トゥ・ドライブ」に沿ったクルマへ仕上げる上で重要な役割を担い、ねじり剛性の最大20%向上を可能にした、とフォードでは説明する。

リアには、先代フォーカスのRSに用いられたのと同じ補強策が施されている。フロアのくぼみを発泡樹脂で埋めてあるのだ。当初は液状で充填され、塗装の乾燥中にそれが広がり硬化することで、重量増加を最低限に抑えながら部分的な曲げ剛性を最大10%向上させる。また、独立サスペンションのマウント位置も強化されている。

その上で、現行フォーカスのサスペンションは、グレードやボディタイプによって変えられている。フロントは全車ともマクファーソンストラットだが、リアは5ドアハッチの下位グレードに古典的なトーションビーム、今回のSTラインXを含む高出力版ハッチバックやワゴンにはマルチリンクを採用しているのだ。

STやRSが設定されていない現在、フォーカスのスポーティ部門を代表するのが今回のSTラインXで、10mmローダウンのスプリングとダンパー、スタビライザーはスポーツ仕様がスタンダード。テスト車に装備されているCCDシステムこと連続制御ダンパーは、650ポンド(約10万円)のオプションだ。

長くなったボンネットの下には、1.5ℓ直3ターボガソリンのエコブーストユニットが鎮座する。現時点でもっともパワフルな仕様で、6000rpmで182ps、1600rpmから24.5kgmを発生。6段MTを介し、前輪を駆動する。このほかのエンジンラインナップは、ガソリンが125psの1.0ℓ、ディーゼルが1.5ℓと2.0ℓだ。トランスミッションは、ガソリンエンジンの最上位機種と最廉価版を除き、MTではなく8段ATを選択することができる。

車両重量は公称1369kgというSTラインXだが、テスト車の実測値は1417kg。前後重量配分は、59:41だった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記