ロードテスト フォード・フォーカス ★★★★★★★★★☆

公開 : 2019.03.02 11:50  更新 : 2019.03.12 14:36

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

走り ★★★★★★★★☆☆

以前は、この1.5ℓエコブーストの最強バージョンが、フォーカスST用ユニットとなることが予定されていた。少なくとも、われわれは知り得た情報からそう考えていた。ところがフォードは、この3気筒エンジンを最新のホットハッチに期待される250psオーバーにチューニングできても、信頼性に不安を感じたらしい。そこで、これに替えてかつてフォーカスRSに用いた2.3ℓユニットのブロックをベースに選んだ。

今回のテスト車に積まれるのは、もっと穏やかなチューニングの182ps仕様だ。満タン・空車状態で1417kgのクルマで感じられる加速の活発さは、実用的な域を出ることが決してない。湿った、今にも凍りそうな路面では、0-97km/hで8.9秒が精一杯だった。これがもし、もっとコンディションがよかったとしても、テスト値よりコンマ5秒早い公称値がせいぜいだろう。現行フォーカスの現時点における最速グレードとはいえ、そう聞いて期待される速さに達しないのは変わらない。

追い越し加速では、わずかながらも確実に、ホンダ・シビックの1.5ℓi-VTECを凌ぐ。しかし、フォルクスワーゲン・ゴルフの1.5TSIエボと比べると、パワーで勝りながら、辛うじて退けたに過ぎない僅差にとどまった。

パフォーマンスそのものに胸躍ることはなく、エンジンのパワーデリバリーやキャラクターもたしかにそうだが、このクラスを見回せばそれは一般的な話だ。24.5kgmのピークトルクは、似たようなダウンサイジングエンジンと同程度だが、ピークパワー発生点の6000rpmに達しても衰えないリニアリティの点では、他と争えるものがある。そのうえ、典型的な3気筒エンジンは陽気なサウンドを発しつつ回るものなら、このエコブーストはさらに、より澄んだ音色と、根っからの回りたがる気質を兼ね備えている。

レバーの入りの正確さに満足感を覚えるような6段MTと相まって、ドライブトレインは夢中にさせてくれるが、やや軽く造られたフィールゆえに、極めて稀にだが不自然に思えることもある。それより注目すべきは、113km/h巡航時の室内騒音が、同等グレードのゴルフより2dB静かだという点だ。

つまり、これは付き合いやすいパワートレインで、エコブーストの名にかけられる期待に恥じず、独自性や洗練されたキャラクターをこれでもかと見せつけるものだ。ただし、必要十分の域を出ないパフォーマンスは、新型フォーカスの走りを際立ったものにはしてくれない。テスト車が、現時点でのトップグレードであったにも関わらずだ。では、シャシーはどうなのか。それは後に述べることとしよう。

テストコース

ミルブルックのヒルコースは、たださえ曲りくねり、路面はアンジュレーションだらけだ。しかもテスト当日は、ところどころに水が浮き、気温は凍結目前。フォーカスが暮らすベストのハンドリングカーに期待される安定した走りを見せ付けようとするには、理想に程遠いコンディションだった。

ボディの動きは整然としているが、これはデフォルトのセッティングを選択したアダプティブダンパーの働きによるもの。スポーツモードを選択すると、うわべではさらに安定感が増すように感じられる。

タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ3。かなりのグリップを生むが、その限界を超えるとややサプライズを味わうことになる。LSDの恩恵なしには、このフォーカスはたいていの場合、穏やかにアンダーステアへと向かう。ESPのソフトウェアは完全にオフにはできないが、おそらくその理由は、このシャシーが、ドライバーがその気になれば意外なほど激しいオーバーステアに転じるからだ。

T1へ続く長いカーブで、フォーカスは優れたバランスを見せつけ、ノーズはラインをぴたりと捉え続ける。その身のこなしは、匹敵するライバルがほとんどいないほどみごとだ。

前輪駆動車としては最大級のタイヤサイズとなるこのフォーカスは、タイトなヘアピンではアンダーステアが起きるものの、コーナー中盤でのスロットルオンには寛容で、丸く収めてくれる。

坂の上の速度が乗る右コーナーでは、リアアクスルがオーバーステアに転じる傾向を示すが、それもすぐに消え、独立懸架サスペンションはコントロールを保つ。

発進加速


テストトラック条件:湿潤路面/気温2℃
0-402m発進加速:16.6秒(到達速度:140.3km/h)
0-1000m発進加速:29.8秒(到達速度:179.0km/h)


フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5TSIエボRライン(2017年)
テストトラック条件:乾燥路面/気温24℃
0-402m発進加速:16.7秒(到達速度:141.9km/h)
0-1000m発進加速:30.1秒(到達速度:179.8km/h)

制動距離


テスト条件:湿潤路面/気温2℃
97-0km/h制動時間:2.35秒


フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5TSIエボRライン(2017年)
テスト条件:乾燥路面/気温24℃

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記