スバル、陸上自衛隊の「新多用途ヘリコプター」試作機を納入 

2019.02.28

スバルの前身は、かつて世界有数の航空機メーカーだった「中島飛行機」。そのスバルが、米国のベル社と最新型ヘリコプターを共同開発したとなれば、やはり気になってしまいますね。

スバル・ベル412EPXがベース

スバルは、航空宇宙カンパニー宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)において、陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機を防衛省に納入したと発表した。

2015年9月に防衛省との間で締結した試作請負契約を受け、スバルは民間向け最新型ヘリコプター「スバル・ベル412EPX」を米国ベル・ヘリコプター・テキストロン社と共同開発し、この機体を共通プラットフォームとして、陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機を開発・製造した。

2018年12月の飛行試験開始以降、性能確認、実証作業などを順調に実施し、防衛省による確認を経て納入に至ったという。

今後、本試作機は防衛省において各種試験が実施される予定だ。スバルは、将来の新多用途ヘリコプター量産事業開始を見据え、その体制を整えている。

なお、「スバル・ベル412EPX」は、2019年1月18日、国土交通省航空局から型式設計変更承認を取得。これを受け、スバルは防衛省向け事業とあわせ、民間向けである「スバル・ベル412EPX」の製造、販売を一層推進していく方針だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

スバルの人気画像

×