マセラティ、レヴァンテなどに限定車 伊らしさ/カスタム多様性しめす ジュネーブ

公開 : 2019.03.04 18:40

2019年モデルのラインアップが一堂に

それ以外にもマセラティはジュネーブ・モーターショーの出展計画を発表した。

そのテーマは「イタリアらしさを示す」ことと、カスタマイゼーションの可能性を見せること。

そのために、木工で有名なジョルジェッティ、金属加工業のデ・カステッリ、高級紳士服ブランドのエルメネジルド・ゼニアをブースに招き、工具や素材、製品を展示する。

しかし、もっとも大事なのはクルマだ。来場者はギブリ、クアトロポルテ、グランツーリスモ、レヴァンテの2019年モデルとして新たに設定されたトリムを見ることができる。

グランツーリスモMCは新しいトリムパックを装着し、エクステリアに変更が施された。

レヴァンテS Q4グランスポーツはゼニアによる「PELLETESSUTA」インテリアが特徴だ。ギブリS Q4にはグランスポーツとグランルッソという2通りのトリムが用意される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事