空飛ぶクルマ、先着90台 PAL-Vリバティ・ローンチ・エディション公開 ジュネーブ

公開 : 2019.03.11 19:10

空飛ぶクルマが発売! 世界で初めて、各国の法規制に基づく認可・安全基準を満たしています。90台限定のローンチ・エディションは、操縦講習付きで税別価格は約6300万円〜。

もくじ

世界初 空飛ぶクルマ
パイロット・ライセンス、もちろん必要
機体 オランダで生産

世界初 空飛ぶクルマ

世界で初めて市販化される空飛ぶクルマ、PAL-Vリバティの量産バージョンが、今年のジュネーブ・モーターショーに出展された。最初に発売されるのは、パイオニア・エディションと呼ばれる限定モデルだ。

オランダのPAL-Vによれば、リバティは既存の規制にすべて適合しているという。その発売は「航空と自動車の歴史において、新たな時代の幕開けとなる」と述べている。

リバティのパイオニア・エディションは90台の限定生産となる予定。特別なカーボン・ボディワークのパッケージと2トーンのカラーリングが特徴だ。

パイオニア・エディションの価格は税別49万9000ユーロ(約6300万円)から。この価格にはパワー・ヒーターやパーソナライズ・オプション、そして操縦を学ぶための講習が含まれる。

90台は完売する見込みで、そのうち約半数が欧州で販売される。パイオニア・エディションの納車後には、税別価格29万9000ユーロ(約3800万円)からとなるスポーツ・モデルの販売が始まる予定だ。この標準モデルは2018年のジュネーブ・モーターショーで展示された。

スポーツ・モデルはパイオニア・エディションのようなパーソナライズはできないが、飛行講習は含まれる。パワー・ヒーターやカーボンファイバー・ボディワークもオプションとして用意される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ジュネーブモーターショー2019の人気画像